兵庫県宍粟市の雇用創生協議会公式ホームページ

あなたの未来に寄り添う

宍粟市雇用創生協議会

■ 事務局
 〒671-4123 兵庫県宍粟市一宮町生栖851-2
  TEL 0790-71-0647 FAX 0790-71-0792

宍粟市雇用創生協議会について

 当協議会では、厚生労働省の委託を受けて「宍粟市実践型地域雇用創造事業」を平成30年12月3日~平成32年3月31日の期間、事業を実施致します。宍粟市の基幹産業である農林業を軸に「宍粟市地域創生総合戦略」の実現に向けて「アグロフォレストリー創生分野」、「観光産業促進分野」を重点分野に設定し、当協議会の構成メンバーである宍粟市、兵庫県指導林家会、しそう森林組合、兵庫県林研グループ連絡協議会、ハリマ農業組合等との連携のもと、実践型地域雇用創造事業を活用し、それぞれの分野を担う人材育成と基盤整備を推進します。
今後は、雇用創生効果を高める事業を実施し、雇用構造の改善を図ります。

各種事業のご紹介

ミツマタ事業

ミツマタ事業を実施している4事業者の協力のもと新規参入事業者の創業支援や新商品の研究開発を行いミツマタ関連の地域特産品を創出する。播種・植林・育苗で新規雇用が見込まれる。雇用拡大メニューではこれらに参加する事業者及び地域に対してノウハウセミナー、栽培技術の習得研修、植林・播種技術の習得技術、その他ビジネスに必要な習得研修を行う。人材育成メニューでは職場体験、創業手法に関するセミナーを実施し求職者の能力開発、人材育成の事業を実施します。

ジビエ事業

解体加工センター及び残渣減容処理施設を整備し、その運営は、協議会会員であるNPO里山ネットワーク(猟友会メンバー)が運営を行います。若手新規登録を促進するため初心者狩猟セミナーを実施し年間5名以上の新規狩猟登録及び雇用創出を目指します。収入が不安定であり生活困窮に陥っている猟師も少なくない上、猟は通年行うことができない。その方々にミツマタの刈取り・播種・加工・耕作放棄地植林等の就労を提供することで雇用拡大、収入安定に繋がる事業を実施します。

観光事業

宍粟市森林王国観光協会が中心となり、観光拠点の魅力化、ネットワーク化による交流人口の増加を図っています。今後、国内だけでなく外国人観光客にとって魅力ある観光ツアーとして、世界でもニーズが広がる高級和紙を活かしたミツマタ・楮の手漉き和紙体験ツアー、紙幣の原料であるミツマタの加工体験ツアー、食分野ではジビエ捕獲体験ツアー、発酵料理体験ツアー等を行っていく。観光産業と連動し滞留交流施設「ジビエ・発酵 森の駅」創設を予定。

トピックス

宍粟市雇用創生協議会の進捗状況などをお知らせし、さらに詳しい情報を提供していきます

 

 

 

 

▲TOPへ